BAYFLOW - ベイフロー の通販アイテム一覧

BAYFLOW(ベイフロー)とは、トリニティアーツが運営する、生活雑貨やカジュアルウェアに特化した大人の男性女性に向けて発信しているブランドのこと。BAYFLOW(ベイフロー)は「自然の風」と「トレンドの風」の心地良さを同時に感じられるようなものづくりを目指している。30代から40代向けのブランドである。BAYFLOW(ベイフロー)は直営の通販も行っている。

  • BAYFLOW

    【NIKE(ナイキ)≫ BENASSI JUST DO IT(ベナッシジャストドゥイット)

    テクスチャード加工のインソールと、軽量フォームを使用したミッドソールとアウトソールが、足に優しくクッションの効いた履き心地を提供します。合成素材の一体型アッパーが快適で、着脱も簡単。インジェクション成型のPhylonミッドソールとアウトソールが、軽量なクッショニングと耐久性を発揮します。上部ストラップ部分のNikeロゴとグラフィックパターンがスタイリッシュな1足です。スポーツ後のリラックスサンダルから、カジュアルサンダルやデイリーユースとしても幅広く使っていただけます。
    ¥3,240

    [.ST] より

  • BAYFLOW

    【GLEASON'S GYM(グリーソンズ・ジム)】オイルカットビッグTシャツ

    GLEASON'S GYMとは・・・そして1937年、ジムをオープン。最初のうちはその家賃さえも払えずタクシードライバーとして働いていました。1940年代の世界恐慌でNYの多くのボクシングジムは潰れてしまうのですが、グリーソンズジムは何とか生き残りました。4つの備え付けのサンドバック個人用のサンドバックがかけられるスペース、全面鏡張りのトレーニングスペース、シャワー室を完備など設備を充実させていたからです。午後は足の踏み場も無くなるほどトレーニングのボクサーでいっぱいになりました。その後まもなく、ジム所属のボクサーが大活躍します。ジェイク・ラモッタ、マイク・ベロイゼ、フィル・テラノバ等の世界チャンプを多数輩出、その名を轟かせることになります。ボビーグリーソンは実際はみんなが思うような怖い人ではなく、トレーニング料の払えないボクサーがいれば取り立てるようなことはぜず、払えるまで待ち、綺麗な身のこなしのユーモアのある人だったそうです。それからはトレーニングスポットだけでなく、映画の撮影やいろいろな広告等の場所として使われ一般の人たちにも広く知れ渡るようになっていきました。1974年ボビーグリーソンが82歳の時にマンハッタンにジムをオープンさせました。それから7年後の1981年にNYのビジネスマン、アイラ・ベッカーの手に渡り、ジム会員数は大きく膨れ上がります。その後1983年ブルース(現オーナー)がアイラ・ベッカーと契約をかわし権利の半分を取得し、ビジネスに参加しました。グリーソンズジムはこれまでに200以上の雑誌に掲載され、幾度となく世界中の新聞に取り上げられてきました。映画、テレビ番組の撮影でその名をさらによし知らしめてきました。現在では、プロ、アマチュア含め1100人もの会員を抱えるジムに成長しました。ジムには今もボビー・グリーソンの言葉が掲げられています。「勇気と希望を抱く者、一歩前にでよ。グローブのリボンを縛り、リングにあげよ。」と。
    ¥7,020

    [.ST] より

  • BAYFLOW

    オックス刺繍ベーシックシャツ

    オックス素材に刺繍のワンポイントを施した、ベーシックシャツ。サックスブルーにはフロスト加工を施し、味のある風合いに仕上げています。
    ¥8,532

    [.ST] より

  • BAYFLOW

    ≪California COTTON≫無地ポケットTシャツ

    ≪California COTTON≫を使用した、ベーシック半袖ポケットTシャツ。カラーバリエーションも豊富で、コーディネートに合わせて様々なシーンで活躍する一枚。≪California COTTON≫カリフォルニア州は広大な土地と、カリフォルニア特有の乾燥した気候、豊富な地下水に恵まれた、世界的な綿花の産地です。恵まれた環境で厳格に管理され、機械で摘まれたカリフォルニアコットンは、非常に品質に優れたコットンとして、世界中の紡績工場に販売されています。
    ¥4,212

    [.ST] より

  • BAYFLOW

    サテンスカジャン

    ◇通常販売開始◇バックにオリジナル刺繍を施したスカジャン。コンパクトなつくりなのでフェミニンアイテムとも好相性。パーカー感覚で気軽に羽織れます。
    ¥16,200

    [.ST] より

  • BAYFLOW

    【BY BOE(バイボー)】メタリック糸カーブピアス

    さりげなく輝くラメがアクセントの、カラフルなシルクコードを巻きつけたカーブピアス。シルク本来の光沢とラメのきらめきが柔らかく混ざり合い、高級感を醸し出します。
    ¥6,048

    [.ST] より

  • BAYFLOW

    BAYFLOW/TRツイルワイドパンツ

    ハリのあるTR素材のワイドパンツ。きれい目デザイン×ウエストドローコードのリラックスした履き心地。しっかりとした地厚な生地なので身体のラインを拾いにくいのもうれしいポイントです。
    ¥1,274

    ZOZOTOWN より

  • BAYFLOW

    刺繍カバーオール

    後見頃に刺繍とフリンジを施したミリタリー調のカバーオール。インド製ならではの風合いが特徴です。
    ¥12,960

    [.ST] より

  • BAYFLOW

    キャミドレス

    光沢のある素材のボリュームキャミワンピース。柔らかく軽い風合いが特徴です。
    ¥9,612

    [.ST] より

  • BAYFLOW

    ランダムリブタンクトップ

    オリジナルのランダムリブテレコ素材のタンクトップ。厚すぎず薄すぎずの程よい肉感でインナーアイテムとして重宝します。
    ¥2,052

    [.ST] より

  • BAYFLOW

    ヒラスラブパウダーチェックシャツ

    平織のチェック柄にカスリ染めの糸を使用し、柄が滲んだような雰囲気を出しています。またパウダーブリーチ加工を施し、BAYFLOWらしい味のある風合いに仕上げています。
    ¥9,612

    [.ST] より

  • BAYFLOW

    サテンローブシャツドレス

    柔らかくリンス加工したような手触りの良いサテン素材のシャツドレス。ペチコート付なのでシャツワンピースとしてもお使い頂けますが、今年らしくガウンのように羽織った着こなしがイチオシです。
    ¥9,612

    [.ST] より

  • BAYFLOW

    【Sanuk(サヌーク)】YOGA SLING(ヨガスリング)

    ヨガマットに、Sanukオリジナルのスリングストラップを採用したYOGA SLING(ヨガスリング)。ソフトな肌触りのニットスリングは、足の甲と踵後ろをしっかりホールドし抜群のフィット感を実現しています。
    ¥5,940

    [.ST] より

  • BAYFLOW

    【予約会人気アイテム】デニムオールインワン

    ◇通常販売開始◇ワイドシルエットのデニムオールインワン。裾の切りっぱなし仕様やバックのデザインなど小技の効いた1枚。フェミニン仕上げのオールインワンです。
    ¥10,584

    [.ST] より

  • BAYFLOW

    【BY BOE(バイボー)】メタリック糸カーブネックレス

    さりげなく輝くラメがアクセントの、カラフルなシルクコードを巻きつけたネックレス。シルク本来の光沢とラメのきらめきが柔らかく混ざり合い、高級感を醸し出します。
    ¥9,612

    [.ST] より

  • BAYFLOW

    【GLEASON'S GYM(グリーソンズ・ジム)】サイロボーダーTシャツ

    GLEASON'S GYMとは・・・そして1937年、ジムをオープン。最初のうちはその家賃さえも払えずタクシードライバーとして働いていました。1940年代の世界恐慌でNYの多くのボクシングジムは潰れてしまうのですが、グリーソンズジムは何とか生き残りました。4つの備え付けのサンドバック個人用のサンドバックがかけられるスペース、全面鏡張りのトレーニングスペース、シャワー室を完備など設備を充実させていたからです。午後は足の踏み場も無くなるほどトレーニングのボクサーでいっぱいになりました。その後まもなく、ジム所属のボクサーが大活躍します。ジェイク・ラモッタ、マイク・ベロイゼ、フィル・テラノバ等の世界チャンプを多数輩出、その名を轟かせることになります。ボビーグリーソンは実際はみんなが思うような怖い人ではなく、トレーニング料の払えないボクサーがいれば取り立てるようなことはぜず、払えるまで待ち、綺麗な身のこなしのユーモアのある人だったそうです。それからはトレーニングスポットだけでなく、映画の撮影やいろいろな広告等の場所として使われ一般の人たちにも広く知れ渡るようになっていきました。1974年ボビーグリーソンが82歳の時にマンハッタンにジムをオープンさせました。それから7年後の1981年にNYのビジネスマン、アイラ・ベッカーの手に渡り、ジム会員数は大きく膨れ上がります。その後1983年ブルース(現オーナー)がアイラ・ベッカーと契約をかわし権利の半分を取得し、ビジネスに参加しました。グリーソンズジムはこれまでに200以上の雑誌に掲載され、幾度となく世界中の新聞に取り上げられてきました。映画、テレビ番組の撮影でその名をさらによし知らしめてきました。現在では、プロ、アマチュア含め1100人もの会員を抱えるジムに成長しました。ジムには今もボビー・グリーソンの言葉が掲げられています。「勇気と希望を抱く者、一歩前にでよ。グローブのリボンを縛り、リングにあげよ。」と。
    ¥7,560

    [.ST] より

  • BAYFLOW

    リネンメランジニットプルオーバー

    毎年定番人気のリネンメランジニット。今年は糸を細くして薄手に仕上げました。春から夏まで涼しく着用できる、軽い着心地です。
    ¥8,532

    [.ST] より

  • BAYFLOW

    【GLEASON'S GYM(グリーソンズ・ジム)】ミニ裏毛プルオーバー

    GLEASON'S GYMとは・・・そして1937年、ジムをオープン。最初のうちはその家賃さえも払えずタクシードライバーとして働いていました。1940年代の世界恐慌でNYの多くのボクシングジムは潰れてしまうのですが、グリーソンズジムは何とか生き残りました。4つの備え付けのサンドバック個人用のサンドバックがかけられるスペース、全面鏡張りのトレーニングスペース、シャワー室を完備など設備を充実させていたからです。午後は足の踏み場も無くなるほどトレーニングのボクサーでいっぱいになりました。その後まもなく、ジム所属のボクサーが大活躍します。ジェイク・ラモッタ、マイク・ベロイゼ、フィル・テラノバ等の世界チャンプを多数輩出、その名を轟かせることになります。ボビーグリーソンは実際はみんなが思うような怖い人ではなく、トレーニング料の払えないボクサーがいれば取り立てるようなことはぜず、払えるまで待ち、綺麗な身のこなしのユーモアのある人だったそうです。それからはトレーニングスポットだけでなく、映画の撮影やいろいろな広告等の場所として使われ一般の人たちにも広く知れ渡るようになっていきました。1974年ボビーグリーソンが82歳の時にマンハッタンにジムをオープンさせました。それから7年後の1981年にNYのビジネスマン、アイラ・ベッカーの手に渡り、ジム会員数は大きく膨れ上がります。その後1983年ブルース(現オーナー)がアイラ・ベッカーと契約をかわし権利の半分を取得し、ビジネスに参加しました。グリーソンズジムはこれまでに200以上の雑誌に掲載され、幾度となく世界中の新聞に取り上げられてきました。映画、テレビ番組の撮影でその名をさらによし知らしめてきました。現在では、プロ、アマチュア含め1100人もの会員を抱えるジムに成長しました。ジムには今もボビー・グリーソンの言葉が掲げられています。「勇気と希望を抱く者、一歩前にでよ。グローブのリボンを縛り、リングにあげよ。」と。
    ¥7,344

    [.ST] より